環境調和と持続可能な社会への貢献 非開削工法 新設工事 入替工事
ナビゲーター工法
フローモール工法
鋳鉄活管分岐工法
パイプスプリッター工法
シャトルライニング工法

パイプスプリッター工法

※この動画は音声が出ます。ご注意ください。
※冒頭1分20秒は非開削工法の概略説明となります。1分21秒からパイプスプリッター工法の説明が始まります。



パイプスプリッター工法とは

パイプスプリッター(PS)工法とは、パワーユニットの油圧で動く押し引き装置、スプリッター、エキスパンダーにより、掘削箇所を最小限にして既設鋼管を新しいPE管等に入れ替える非開削工法です。

パイプスプリッター工法

工法概要

●装置

装置(機械)は、ロッドの押し込み、敷設管の引き込みをする押し引き装置、押し引き装置を動かすために油圧を送り出す、パワーユニット、既設管を切り開く、ブレッド(スプリッター、エキスパンダー)などで構成されます。

パイプスプリッター工法 装置

●施工手順

(1)既設管へのロッド挿入

既設管へのロッド挿入

既設管(Φ50〜Φ75)の中に、ロッド(Φ36)をつなぎ足しながら、発進坑から到達坑へと押し引き装置を利用して送り込んでいきます。

(2)管敷設工

管敷設工

ロッドが到達坑に達したら、ロッドヘッドをブレッド(スプリッターとエキスパンダー)に付け替え、押し引き装置により発進坑へ向かってロッドを引き込み、敷設作業を行います。

効果

  1. 基本的にピット掘削のため、掘削による発生土量が少なく、道路復旧面積が小さいため、環境上のメリットが大きくなります。
  2. 切断拡径された既設鋼管が半割り状態で新設管直上に残るため、防護的な役割を果たします。
  3. 掘削が少ないため、施工の効率化を果たすことができます。
  4. ピット間の大部分は掘削しないため、周辺の方へのご迷惑を最小限にとどめる事ができます。

各種工法

ナビゲーター工法
フローモール工法
鋳鉄活管分岐工法
パイプスプリッター工法
シャトルライニング工法
戻る
山田商会 TOPへ