環境調和と持続可能な社会への貢献 非開削工法 新設工事 入替工事
ナビゲーター工法
フローモール工法
鋳鉄活管分岐工法
パイプスプリッター工法
シャトルライニング工法

中圧鋳鉄管活管分岐工法

鋳鉄活管分岐工法とは

中圧B の鋳鉄管ラインにおいて、減圧等の圧力操作を行うことなく、新設管の分岐をする事を可能とした工法です。

工法概要

装置

ダクタイル鋳鉄管で管径Φ150、Φ200、Φ300から分岐管径Φ150、Φ200を分岐する事が可能であり、既設管の埋設深さにより、上方取り出し、下方取り出しと選択することができます。

材料・装置

配管材料 分岐スリーブ、フランジ付ベンド等
分岐用装置 簡易貫通型穿孔機、切粉除去工具等

分岐スリーブ 穿孔機 切粉除去装置
分岐スリーブ 穿孔機 切粉除去装置

施工手順(例:下方取り出し)

(1)活管分岐スリーブの取付け
位置を決め、既設管を清掃し、Oリング、活管分岐スリーブを固定します。

(2)耐圧・気密試験
上下のスリーブを接続し耐圧・気密試験を行い、活管分岐スリーブの取り付け状況を確認します。

(3)シャッター装置取付け
横側シャッターフランジを取り外し、活管分岐スリーブからのガス漏出を防ぐためのシャッター装置を取付けます。

(4)穿孔作業
シャッター装置が開の状態を確認し、穿孔装置、圧力調整ユニットを取付け、穿孔をして、エアーパージを行い、シャッター装置を閉にした状態で穿孔装置を取り外します。

(5)切粉除去作業
切粉除去装置を取付け、シャッター装置を開にして切粉の取り除き作業を行う。終了後シャッター装置を閉にして切粉除去装置を取り外し、遮へいフランジを取り付けます。

(6)シャッター装置取外し
シャッター装置を取り外し、シャッターフランジを取付け後、漏洩検査を行います。

(7)外面シール剤注入

(8)作業終了

効果

  1. ガスの噴出がないため安全に作業が行えます。
  2. 掘削箇所が少なくなることにより、交通規制等を緩和できるため、施工箇所周辺のお客さまへの影響度を低減することができます。
  3. 圧力操作をする必要がないため、人件費が削減でき低コストで施工ができます。
  4. 施工方法を検討する事により、エアーパージの時間をピンポイントに調整する事ができるため、お客様の都合に合わせることができます。

適用範囲

埋設管種 ダクタイル鋳鉄管
元管口径 150A〜300A
分岐口径 150A〜200A
適用圧力 中圧B、低圧

各種工法

ナビゲーター工法
フローモール工法
鋳鉄活管分岐工法
パイプスプリッター工法
シャトルライニング工法
戻る
山田商会 TOPへ