働くことに誇りを持てる企業

人材育成

山田商会が求める人物像

経営理念を体現できる人材

山田商会教育コンセプト

  • 基本的な考え方として、現在および将来予想される経営環境変化の中において、当社が将来にわたって繁栄・発展をしていくために必要な人材の計画的育成を行うことを目的とする。
  • 具体的には、当社の経営理念を体現できる人材づくりをめざして、「ビジョン力」「技術・技能力」「人間力」の啓発を目標にする。

OJT制度とメンター制度

当社では、人材育成の為の一つの手段として、OJTトレーナー制度とメンター制度を実施しています。
OJT制度とは、実務の経験を重ね専門性や職務遂行能力を高めるOn The Job Trainingを基盤とした人材育成をさします。新入社員に一人に対し、同部署内で入社後3年以上経過した先輩社員を任命します。トレーナーは、職場内・現場での教育訓練、実務経験を積ませることにより業務上必要とされる知識や技術を教育します。
またメンター制度は、他年齢のコミュニケーション能力の低下や離職率上昇により会社の損害、ストレス社会等の現代社会の問題にかんがみ、新入社員のメンタルヘルスケア、モチベーションのアップ、離職率の低下等を目的に導入されています。
相談者である新入社員(メンティー)一人に対し、支援者である入社10年未満の先輩社員(メンター)を一人任命し、日常的にメンターから最近の仕事や体調の様子等について積極的に声かけをします。他にも、月一回程度の面談の機会も設けています。
 またメンティーへの配慮だけでなく、この制度を設けることにより同時にメンター自身の自立と長期的キャリア開発の支援も目的としています。

戻る
山田商会 TOPへ