社員紹介TOPへ

眞野偉

眞野偉

現場監理士はガス工事を代表する顔

現在の仕事内容

現在は一宮市を拠点とした北部営業センターで道路から各家庭へガス配管の引き込みを行う工事の施工管理に当たっています。お客様より新しくガス管を引きたい、古くなったのでガス管を入れ替えしたい等さまざまな依頼を受け現場に赴く事から私の仕事は始まります。私の仕事は道路を掘削する業務の為、交通状況やガス配管を行う際に支障がないかを調査し、その結果をもとに各市町村に申請を行います。その後工事を行う職人さんに工事内容を伝達し配管をしてもらいます。私の役目は実際に配管を自らするのではなく、問題無く工事ができているかなどの管理をすることになります。

今の仕事のやりがい

道路を掘削する仕事は周囲の環境に影響されることが多く、重機を用いて施工にあたるため必然的に工事規模が大きくなります。周りにお住まいのお客様へお知らせをすることも重要ですし、時にはバス会社に伺い日程の調整も行います。道路にはガス管の他にも水道や電気といった他の設備配管も埋設されており、その管理会社と協議することもあります。そして職人とともにこのルートであれば配管ができるなど現場でもまた細かく調整を行い配管を敷設していきます。苦労が多いように思われるかもしれませんが、それらを全て自らの打ち合わせで調査・調整をし、問題無く工事を終えた時こそやりがいを感じます。

この会社に決めた理由

私はもともと文系の出でしたが、どうしても現場に出るような仕事がしたいと思っていました。土木系の知識も全くない中でそういった職種では敷居が高いとも思いましたが、この会社は選考段階から専門の経験を問うていなかったことが一つ大きな決め手となりました。そしてこれは入社してからでしか分からないので理由というよりは入社して良かったという点を一つだけ。それは周りの先輩方や職人さん、この会社の人たちを仕事をすることは非常に面白いということです。工事は一人ではできません。チームとして仕事をします。それ故でしょうか、会話も自然とはずみ団結力が生まれます。

先輩からの就職活動アドバイス

少し冷たく聞こえるかもしれませんが、結局のところ会社は入社してみないと分かりません。望んで入社したところが自分に合っているかはやはり入社してからの話です。そのためまずはその会社がどんな雰囲気かを知る事が大事だと思います。インターンを利用するのも良いでしょうし、まずは説明会に参加してみて下さい。そして自分の趣味や好きな事を大切にして下さい。仕事が全てではありませんので、肩肘張らずそのくらいの気持ちでリラックスして就職活動に励んでください。