社員紹介TOPへ

眞野 偉

眞野 偉

これが私の仕事!

  都市ガスの供給工事の工程管理をおこなっています。

日々現場の管理業務に追われる毎日です。確かに忙しいなと思いもしますが、今はとても充実した毎日を送っています。
私の仕事は、まず出勤すると、新規工事オーダーの確認や前日までの仕事の書類整理などし、その後で当日の工事の段取りを、工事士さんと共に行います。どんな工事でも事前の段取りが大変重要ですので、このやり取りはまさに真剣勝負です。これを終えると、その日の現場のための準備をし、現場へ向かいます。だいたい一日に5〜6か所、多い時で7〜8か所の現場を見て回ります。
ガス工事に入る前の現場では、周辺住民の方々への事前工事案内をしたりもしています。それらを終えて帰社するのが大体夕方頃ですが、その後も社内で翌日の工事の資料作りや、工事の請求書の作成などを行い、一日の仕事を終えます。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったにまつわるエピソード

  疲れもすべて吹っ飛ぶ、お客様からの「ありがとう」。

ガス工事だけでなく様々な工事というのは、近隣住民の方々に対して多少なりともご迷惑をおかけする上で、完遂させることができる業務です。
何か想定外なことが起った際には、対応を間違えると重大なクレームに発展しかねません。ですから何事にも慎重に取り掛かることを自分の中でのルールとして、工事を進めるようにしています。そんな中で、ある集合住宅の工事でのこと、毎日お声をかけてくださる住民の方がいました。「どういった工事をしているのか?」などといった工事内容に関する質問を主にされていたのですが、その都度、詳しくご説明をさせていただいたところ、工事最終日に「いつも丁寧に質問に答えてくれて本当にありがとう。」とお礼を言われました。
思いがけないことでしたので、最初は驚きましたが、とてもうれしい出来事でした。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由!ここが好き!

  人を大切にしてくれる会社だと思います。

同期や、職場の先輩たちがみんなユニークな方たちばかりであることが、当社の一番の特徴であると思っています。
皆自分の仕事に誇りを持っていて、本当にこの仕事が好きなんだなと思いました。
私が入社を決めた理由も、会社説明会から選考に至るまで、会社の対応が実に温かかった。就職活動でなかなか内定が取れずに、疲れ果てていた自分としては、その対応が大変心に染みました。内定をもらった時にも、なぜ自分を選んでくれたのかを、人事担当者が事細かに話してくれて、お互いに納得したうえで入社を決めたいという姿勢が伝わってきました。
今は業務に追われる毎日ですが、なんとか頑張っていけるモチベーションは、こういいった当社の良さがあるからだと私は考えています。

学生の方へメッセージを

とにかく足を使った情報収集が一番である思います。
今、ネットを介した就職情報はたくさんあふれていて、しかも簡単に手に入りますが、その中から自分にあった会社と出逢うのは至難の業です。であるならば、まずは自分の足で気になる会社へ赴き、自ら見て聞いて体験することが非常に有効であると私は思います。
仕事内容は正直、入社してから初めて実感できるものだと思いますので、まずは自分で実際にその会社の雰囲気を体感して、自分にあう会社と出逢ってください。

※この動画は音声が出ます。ご注意ください。
※再生時間は2分15秒です。






※2011年のインタビュー内容のまま掲載しています。現在の業務内容とは異なる場合があります。