社員紹介TOPへ

西川令麻

西川令麻

これが私の仕事!

ガスを工事敷地内へ引き込む供給管の仕事を担当しています。私の仕事の流れとしては、工事の日程を組み、近隣住民へその日にちをお知らせし、ガス工事に対するご理解とご協力をお願いして回ります。そして、掘削予定地に電気や電話のケーブルといった埋設物が存在していないかを調べ、関係機関に問い合わせを行います。工事とは直接関係のない近隣住民の方も、多くがガスを利用しているお客様であり、ガス工事には敏感になられるので、常に丁寧な対応と説明が求められます。そのため、事前に工事内容を確認し、現場がどのように動いていくのかをイメージすることで、危険箇所やお客様にご迷惑になることがないかを十分に検討します。事務所へ戻ったら、工事に必要な書類を作成し、職人と工事内容の説明や現場での注意点などの打ち合わせを行います。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

自分が担当した現場の工事が無事終了し、後日お客様がガスを使用されているのを見ると、うれしさを感じます。ガスを使ってお風呂を沸かしたり、料理をすることで、お客様が日々の生活を営んでいると考えると、自分自身がその快適な生活の一部に関わることができたという達成感や喜びを味わうことができるからです。やはりガスは人々の生活になくてはならないものであり、その生活を支えていくことが、山田商会の責任であり、やりがいだと思います。ベテランの社員は繁華街などの大きな物件も担当しており、自分自身もその建物の利用者になりうるので、まさに自分の仕事を身近に感じられることが山田商会の面白さだと思います。私はまだまだ経験が浅いので、これから多くの現場で学んでいき、成長することで、仕事におもしろさを感じながら、この大好きな地元で暮らしていきたいです。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

私はなかなか内定が出ず、不安な日々を送りながら就職活動をしていました。就職活動のピークも過ぎた時に山田商会の求人を見つけ、応募しました。文系なので建設業とは自分は無関係だと思っていたなか、山田商会は文系でも採用を行っており、今まで受けたことのない業界なので、興味を持ちました。さらに、ガス工事という自分自身にも身近でイメージのできるものを取り扱っていることが、応募理由の1つとなりました。選考過程では、社員に1日付いて仕事を知る機会があるので、そこで疑問や不安を見つけ出し、相談できたことも良かったと思います。結果として、縁があって入社することができましたが、山田商会では自社の屋上などで年に2、3回バーベキューが行われており、そんなアットホームな雰囲気が私は気に入っています。

先輩からの就職活動アドバイス!

諦めないことが大切だと思います。就職活動は自己分析や企業研究、面接の練習などやることがたくさんあり大変です。自分で納得できないまま、うまくいかずに何度も壁にぶち当たることで、やる気をなくしたり、活動をやめたくなるかもしれません。自分自身、そのような経験がありましたが、友人や知人から励まされたことで、モチベーションを保つことができました。悔いのないように一生懸命に取り組み、納得して就職ができるよう頑張って下さい。




※2012年のインタビュー内容のまま掲載しています。現在の業務内容とは異なる場合があります。