社員紹介TOPへ

梅村 憲

梅村 憲

工事を通じて学ぶ日々

入社後1ヵ月間の集合研修を経て配属され、まずはガス本管工事に従事しました。ガス本管工事とは、ガス供給のために管を道路に沿って埋設する工事です。新たに管を設置する工事や、既に配管されているが古く錆びかけているため管を入れ替える工事などがあります。初めは配管作業に必要な資格を持っていないため、配管補助業務として材料の搬送や工事現場の清掃など自分に出来ることを行いました。8月からは水道配管工事に従事しました。先輩社員と同行し一軒家を対象に宅内の水道管の修繕工事や新規の接続工事を主に行いました。現在は水道の本管工事を行っています。仕事内容としてはガスの本管工事と似ており、道路に沿って水道管を埋設したり入替工事を行っています。ただしガスと水道では道具や材料、工事の基準等が違うためこれから勉強して色々な知識を身に付けたいと思います。また水道の工事士としては山田商会で初めての試みですので、これから立派な工事責任者を目指して頑張りたいと思います。

手に職が就く仕事

外で体を動かす仕事がしたいと考えていたため、今の仕事は自分にぴったり合っていると感じます。一日があっという間に終わってしまうほど、毎日工事に没頭しています。職場の雰囲気も良く、話しかけやすい空気ですので仕事がスムーズに進みます。夏は暑く、冬は寒いという外仕事ならではの厳しい環境ですので、適度に休憩を取らせてもらい体調を崩さないよう自己管理をしています。失敗したときは厳しく指導されます。ただし、間違っていることをしっかりと指摘してもらえる所は良い点だと思っています。この先長く働いていくうえで大切な事として職場環境は重要だと思っています。工事士という職種は『配管技能』という手に職が就く仕事です。地域のライフラインを自分が支えているという誇りを持って仕事をすることができます。

仕事の様子


一日の仕事の流れ