社員紹介TOPへ

近藤真央

近藤真央

日々勉強の繰り返しです

現在の仕事内容

私は事務職員としてリベナス営業部に所属しています。電話応対、来店客の対応、現金処理、機器発注等、一般的な事務仕事を担当しています。企業の電話対応は取引先の会社からの電話を取り次ぐイメージでしたが、私の部署では一般のお客様からのガス機器修理依頼等の電話が大半を占めています。私自身が修理をすることはできないため、担当者が現状を把握できるような情報をお客様から聞き出す際の分かりやすい言い回しや言葉遣い、またガス機器の基本的な知識等を日々勉強しながら業務を進めています。

今の仕事のやりがい

ガスに関しての知識が全くない状態で仕事を始めたため不安な気持ちを持つことは今でもあります。お客様からの電話を受けた際も、どの機器のどんな部分について話しているのか分からず、修理の電話に出るたびに緊張していました。しかし、日々業務を重ねながら周りの方に教えてもらううちに、湯沸器と給湯器の違いやコンロの部品名等を理解し始め、自分の言葉でお客様に説明し分かってもらえた際に、自分の小さな成長を実感し、少しですが自信を持てるようになりました。毎日の業務を積み重ねていくことの重要性を実感しました。

この会社に決めた理由

就職活動では、地元で景気にあまり左右されない安定した会社に就職したいと考えていました。自分を含め、人々の生活に携われるような仕事を探していた中で、山田商会に出会いました。面接では大学時代に取り組んだことや趣味等、私の内面を知ろうとしてくれているような質問が多かったように感じます。入社してからも、どんな小さな質問でも丁寧に教えてくださるので、面接から今に至るまで悪い印象を抱いたことはありません。

先輩からの就職活動アドバイス

就職活動には決められたルールというものはないと思います。服装や礼儀というものは最低限心掛けなければいけませんが、インターンシップ等をしないと絶対に就職できないということはありません。部活動や委員会に力を注いだならそこで得られたものを強みにアピールしていけば、きっと良い企業に出会えると思います。また、周りが早く決まったからといって良い会社に就職していると決め付けず、自分のペースで満足できる就職活動ができれば良いのではと思います。