社員紹介TOPへ

柴田陽平

柴田陽平

ガス配管工事を通じて社会貢献をしています

現在の仕事内容

新設建物内のガス配管工事や既設小・中・高校建物内の古いガス管の取替工事の現場監督として、施工管理をしています。まずは、設計図をよく確認し、建築・水道・電気業者等と日程調整や水道管・電気配管・ガス配管の施工ルートの調整を行います。そしてガス配管を施工する工事士と図面を見ながら確認した後に、工事士が現場にてガス配管工事を施工します。現場監督として、図面と相違はないかや配管完了時に漏れがないか等の施工管理をしています。

今の仕事のやりがい

新設建物の工事において、例えば、大学内の新キャンパス建築工事では着工から完成まで数年かかる場合があります。着工時は何もないサラ地だった場所に徐々に建物が建築されて行き、その間に他業者や工事士と共に安全且つ品質の良い建物を作る事を目的に打合せを繰り返しながら進めて行った後に、完成した建物を見るととても達成感を感じられます。また、完成して数年経過した後に近くを通りかかった時でも直ぐに記憶が蘇ってきます。

この会社に決めた理由

私は、大学の時に土木学科で学んでいましたので、土木関係の企業を中心に求人ページやホームページを閲覧したり、会社説明会へ参加して行きました。その中で、生活に欠かせないライフラインであるガスを扱う企業のやりがいと安定性に魅力を感じ入社試験を受けました。また、選考途中に現場体験がありました。事務所内のとてもアットホームな会話や雰囲気を感じる事ができました。実際の現場では、現場監督と工事士が打合せしながらガス配管を進めている所を見学させて頂きました。この現場体験を通して私も現場監督として働きたいと強く感じました。

先輩からの就職活動アドバイス

どこの企業に入社しても必ず苦しい時は訪れると思います。その時に自ら選んで入社した企業と妥協をして入社した企業とでは苦しい時を乗り越える力が違うと思います。その為には、会社説明会やOB訪問にて、たくさん質問をして、求人ページの情報では得られない生の情報を得るようにする事だと思います。そして入社試験の時は、最後まであなたの気持ちをあなたの言葉で先方に伝え、必ず合格するという強い気持ちを持って挑んでください。