社員紹介TOPへ

和久井雄也

和久井雄也

インフラ工事の誇りと責任を持って

現在の仕事内容

私は道路に埋設されているガス管の入替、新設工事をしています。施工管理の仕事は現場に入る前の段取りが重要で、発注先の東邦ガスの打ち合わせや、警察、役所へ書類の提出、水道や電気など他に埋設されているものの確認、現場近隣の方へPR、協力会社や配管工の打ち合わせなど非常に多くの準備が整って初めて工事に入ることができます。そして事故なく安全に施工できるように、時間ごとに変わる現場にその場の状況を広い視野をもって把握し、対応しなければなりません。大変ですがやりがいのある仕事です。

今の仕事のやりがい

ガス工事は一人でできる仕事ではありません。協力会社、配管工、ガードマン、監督も含めて実際に工事に携わる人間だけでも10人以上がひとつのチームで動くことになります。日々、勉強の毎日ですが、自分もその一員であることが誇りであり、やりがいを感じています。またガス工事は、時には家庭のガスを止めて工事する場合や、道路占用して工事するため通行車両、通行人の方に迷惑をかけながら工事をします。そうした中で「ガス工事なの?ありがとうね、ご苦労さん」とお客様から声をかけていただいたときは嬉しく、インフラ工事に携わっていると実感しました。

この会社に決めた理由

自分は就職活動する上で条件を3つ決めていました。「地元で働けること」「長く勤めることができる会社であること」「達成感を感じる仕事ができること」です。山田商会はガス工事というインフラの中でも特殊な工事を専門にしていること、111年という歴史と安定した経営基盤があること、また選考の中で何度も会社を見ることができたので社風を知ることができ、自分が働くイメージができたのも大きな理由です。

先輩からの就職活動アドバイス

まず今後の自分の軸になる部分を決めてみると、業界、職種、その企業特有の社風が自分に合っているかどうかわかり、企業を選びの迷いが少なくなると思います。就職活動は自分が成長できる良い機会なので真剣に悩んでみて、時には近くの人間に相談しながら決めていくのが良いと思います。
焦らず自分のペースで、最後は実際に会社に足を運んで生の情報を集めて決めてください。